引越しで痛感する断捨離の重要性

引越しを経験すると、断捨離の重要性・必要性を痛感することとなります。最近、引越しをしたときがまさにそうでした。それまでにも何度か引越しは経験しており、準備の大変さもわかっているので日頃からあまりモノを増やさないようにしていたつもりでした。しかしいざ引越し準備を始めてみると、やはり処分するもの、箱詰めするものとたくさんのモノの整理に四苦八苦しました。

処分するもののなかでも捨てるものはどのような手段で捨てるのか、またリサイクルショップに持ち込むことのできるものはどれか、それもどの店がどのようなモノを引き取ってくれるのかなど、たくさんの処理方法を検討しなければなりませんでした。日頃からもう少し断捨離ができていれば、一度にそれほど多くの種類のモノの処分に悩むこともなかったはずです。

また断捨離がなされていれば持っているモノの数もそれほど多くはないので、引越しといっても梱包作業もそれだけラクになるはずです。その作業にかかるストレスはかなり違ってくると思われます。

とにかく引越しをするたびに断捨離ができていないことを自覚させられて、しかもまだこの先再び引越しの予定があるため、もうこんな大変な思いはこりごりと強く断捨離を決意することとなりました。

引っ越しした先でこの機会に断捨離できるものはしてしまおうと、ダンボール箱から出したモノを収納する前に整理し、処分できるものはして少しでも次の引越しではラクになるようにしました。また、処分するものはためこまずにマメに処分することも、いざというときに困らないポイントと思い実行しています。